安全、安心、心をいやせる美味しいいちごの作り方

千葉県君津市の安田いちご園 甘い、美味しい、高設栽培のいちご狩り

   トップページロゴ
ナナの写真
 観賞用いちご

 サイトマップ
 






-天気予報コム-



最新更新日


2016.11.26



安田いちご園の紹介



 > 安田いちご園の紹介


ごあいさつ


 今現在、当園では「安全」・「安心」・「心の癒せるいちご作り」を基本にしております。
 その為に土作りからjこだわり土づくりに有用微生物による「発酵肥料」、「有機アミノ酸」、「総合ミネラル」等を使い,
また、農薬の使用を極力減らし代替に「漢方発酵エキス」、「ハーブエキス」、「炭酸ガス」、「IPM防除」として天敵等を使用して健康で美味しいいちご作りを目指しおります。
 また今年から土作りの為に太陽熱消毒と相性の良いフランスで開発された「コフナ農法」始めました。
以下簡単に安田いちご園でのいちご作り栽培方法を紹介します。

  
  1. 高設栽培(ジャット式高設栽培
  2. 炭酸ガス(アキバ式炭酸ガス発生装置
  3. 太陽熱消毒
  4. オリジナル堆肥
  5. 点滴灌水(
  6. ポピー摘み(本年度は行いません)
  7. IPM防除(Integrated Pest Management) 総合的病害虫管理
  8. その他

高設栽培


 当園では約700坪のハウスにジャット式高設栽培を取り入れております。株式会社ジャットさんから貯水シート、培土シート、軽石を主体にした高設栽培専用の培土を購入して高設栽培でいちごを栽培しおります。

 高設栽培にすると地面から約1メートルぐらい隔離する為、冬場の地温(土の温度)が保たれなくなるので、空中配管によって培地加温を入れて土を温めております。 だいたい土の温度が14度以下になるとお湯がホース越しに出て土が温められます。そうすることによって冬場に土の温度が一定に保たれます。

 高設栽培は立ったまま楽な姿勢でいちご狩りが出来るため、従来の土耕栽培のように腰を曲げていちご狩りをしない為、とても好評です。
 そして地面がしっかりしている為、自分が履いてきたハイヒールでいちご畑に入る事が出来ます。

 高設栽培でいちご狩りをしてみませんか。
 高設栽培の写真
      
     高設栽培
 培地加温の写真

 
空中配管の
 様子
 土耕栽培の写真
    
 土耕栽培
 炭酸ガスの写真

培地加温器
                

                                                  
                                      このページの先頭へ

炭酸ガス


 炭酸ガス

 秋葉式炭酸ガス
 発生装置
 当園ではすべてのハウスに炭酸ガスを入れております。

 炭酸ガスを入れる理由はいちごは冬場に収穫する為、ハウスをしめっきりの状態のするので、外からの二酸化炭素が不足します。そこで光合成が十分出来なくなります。

 そうすると果実のサイズが小さくなったり、葉の展開(次の葉が出るまでの時間)が遅れたり、成り疲れの原因になります。そこで炭酸ガスを入れて光合成を活発にします。

 炭酸ガスの効果は糖度が上がる、葉肉が厚くなり病気に強くなる、いちごに艶が出る、玉伸びが良くなる、果実の実がしまり食味が良くなると言う効果が得られます。
                                       
                               このページの先頭へ

太陽熱消毒

 いちごは連作が出来にくいので、いちごの木を6月に刈り取り、土をトラクターで耕耘して、いちご畑に水をいっぱい入れてビニールを張ります。

 その時に薬を使わずに太陽の熱を利用して土を消毒して悪い菌、雑草の種を殺します。
土耕栽培だと約1か月、高設栽培だと3日で消毒が終了します。

 太陽熱消毒は土にも優しいし、地球にも優しい昔ながらの消毒方法です。

 そして今年度から太陽熱消毒と相性の良い「コフナ農法」を取り入れました。

 「コフナ農法」とはフランスで開発された土壌開発の為の微生物農法です。

 特徴は1,冷害、猛暑にも効く、2,連作障害の克服、3,味、食味の向上、4,化学肥料の削減、5,環境を汚さない、6,生物体系の保全などがある。

 太陽熱消毒をすると暑さで悪い菌は死ぬが、このコフナ菌は暑さに強くて増えてなお且つ、前作の肥しを餌にして菌を増やしていくのである。

 太陽熱消毒の写真
 高設栽培での太陽熱消毒
 土耕栽培の太陽熱消毒
 土耕栽培での太陽熱消毒

                                                                       
                               このページの先頭へ
堆肥

 堆肥の写真  当園では堆肥として当園で取れた米のもみ殻を堆肥として使い、もみ殻を1年寝かしてオリジナル堆肥を作り、6月の太陽熱消毒をする前、9月のいちご畑に肥しを振る時の2回堆肥を入れております。

 堆肥を入れることによって土の中の有機物が増えて、それが分解して土がふかふかになり、根が張り、良い作物が出来るようになります。

  
自家製もみがら堆肥

                                                         このページの先頭へ

点滴灌水

 点滴灌水とは植物に水を1滴1滴づつ水を与える農法です。この農法はイスラエルで開発された農法です。

 通常の灌水農法では短時間に集中的に水を与えるため、地温(土の温度)が急激に下がったり、余計な水を与えたりするので根に悪影響を与えるため、いちごに悪い影響を与えます。

 そこで点滴チューブを使い無駄な水を与えない為,根に必要な酸素が土の中に保たれて根の活動が活発になります。

 当園では根に悪影響を与えない午前中に「サンホープアクア」さんのドサトロン(液肥混入器)を使い、液肥と一緒に点滴チューブで水、肥料を与えます。

 液肥を入れる理由は食味向上、いちごの木の草勢維持、病気の予防などで、その時のいちごの状況により色々な液肥を入れて良いいちごを作ります。



                           参考、引用
                        
                           
                            NETAFIM
 ドサトロンの写真
   ドサトロン



                                       このページの先頭へ


ポピー摘みのロゴ
 」ポピーの写真  当園ではいちご狩りの他にポピー摘み、キャベツ狩りを行っております。

 ポピーの品種は「アイスランドポピー」で色は赤、白、黄色、ピンク、橙色などです。たまには突然変異した変わった花も咲いています。

 ポピー摘みは1月初旬から春休み終了まで行います。ポピーの観察だけでも大歓迎です。

 キャベツ狩りは3月下旬から4月上旬にかけて行います。やり方はキャベツ畑から自分の好きなキャベツを包丁で刈り取ってくると言うシステムです。

 無農薬栽培をしていますのでキャベツに虫がついている場合もあります。

 またいちご畑に行くまでの通路にいろいろなお花(パンジー、スミレ、ビオラ、キンギョソウ、桜草、花菱草、ネモフィラ、ストロベリートーチ、デージー、キンセンカ、ヒナゲシ、ゴデチャ)などのお花がたくさん咲いています。

 いちごだけではなくお花も楽しめます。
  アイスランドポピー
 フラワーロード
 フラワーロード

 
※本年度はポピー摘みは行いません。

                               
このページの先頭へ

IPM防除

 「IPM防除」とは天敵生物に優しい殺菌剤、殺虫剤を使用しながら害虫の天敵であるよい昆虫を温存して害虫だけを殺して作物の品質向上を安定させるやり方である。

 IPM防除にはいろいろあるが、当園で行っているのは主に天敵、および生物農薬の使用を行っております。

 天敵は自然界にいる生物を捕食、寄生によって殺す生物で、天敵がいることによって食物連鎖が出来て生物の均衡を保ちます。

 この性質を利用して天敵をうまく使い、いちごに対しての防害虫予防をしています。

 例えばテントウムシがアブラムシを食べるのがその1例です。

 主に当園ではハダニに対して天敵である「スパイデックス(DX)」、「スパイカルEX(かる)」を「アリスタライフサイエンス」経由でオランダから輸入していちご畑に放しております。

 この天敵により農薬の使用が減り、消費者にうちの目標である「安全」、「安心」、「心の癒せる」いちご作りが出来ます。

IPM (Integrated Pest Management)  総合的病害虫管理

引用、参考 IPM防除情報 グリーンジャパン
        アリスタライフサイエンス
        広辞苑
スパイカルEX  
スパイデックス


                                      
このページの先頭へ

その他

  1.遊具

ブランコ   鉄棒  遊具の写真1 竹馬 
 手作りブランコ   手作り鉄棒  自転車   手作り竹馬


  2.もしもの時(ミツバチに刺された時)の為に医薬品完備!!

  3.自動販売機設置 (いちご狩りに後にどうぞ)

                                        このページの先頭へ






トップページ

(トップページへ)


        〒299-1103 千葉県君津市大井500 
      安田いちご園 (安田いちご園で検索できます。)
      TEL:0439-32-2131(カーナビ検索入力可能)
      FAX:0439-72-2131
        (PM12時、PM7時頃が1番電話が繋がりやすいです)

        いちご狩り等に関するお問い合わせは電話にて受付しております


メール

HPに関するお問い合わせはメールにて受付ております




         




 トップページ  当園の紹介  栽培品種  いちご狩り料金表  アクセス  リンク  ブログ



 

Copyright © 2014 .Yosinori Yasuda(Yasuda Ichigoen)